ドローン使ったお仕事

ドローン使ったお仕事をお考えなら、
スカイエージェントに無料登録。ご希望条件を直接お伺いし、
あなたにぴったりなお仕事をご提案致します。
ドローンスクールを準備しています。
未経験の方でも、ぜひご登録下さい。
詳しい求人検索は、
無料会員登録後に閲覧できる様になります。
スカイエージェントは、ドローン業界に挑戦するあなたを応援します。

ドローンを取り巻く環境

日本でドローンが注目を集めたのは、2015年4月に発生した首相官邸屋上でドローンが墜落した事件です。
この事件を重く受け止めた政府は、航空法を改正し、同年12月に施行しました。
これにより人口密集地やイベント会場などの上空でドローンを飛行させる場合、国や自治体に対し許可や申請が必要となりました。

現在、ドローンの飛行許可を求める許可や申請は増加の一途をたどり、ドローンを使った新たなビジネスも生まれてきています。

ドローンが普及している中で、市街地での墜落や事故が問題になっており、こうした事故を未然に防ぐためにも、適切な教育訓練の受講、安全飛行の徹底、まさかの時のための保険加入が求められています。

ドローンとビジネス

ドローンのビジネス利用が意識され始めたのは、2013年12月、米Amazon.comがドローン(小型無人飛行機)を活用した配送サービス「Amazon Prime Air」が発表された時です。

ドローンによる空撮やドローンレースなどから火が付き、現在では、点検、測量、農薬散布などのパイロット業務に加え、画像解析、画像加工、飛行経路プログラミングなどのソフトウェア業務、そして特殊業務用ドローンの開発などのハードウェア業務と広がりを見せています。

これからのドローンビジネス

2016年に日本国内のドローン関連市場規模は199億円ですが2020年には約1,138 億円(インプレス)、世界市場規模は2020年に約1兆5,600億円(Research and Markets)になると予想されており、今後も更なる拡大が見込まれます。

アメリカでは2025年までに10万人のドローン関連人材の新規雇用が生まれると言われており、日本でも3万人~5万人の新しい雇用の創出が予想されています。

ドローンを使ったビジネスは拡大が予想されています。

今はまだ想像もしていない様な、ドローンを活用した物やサービスが誕生してくると思われます。

新規会員登録

無料会員登録して、多数の厳選企業の求人に応募しましょう。

今すぐ新規会員登録